ママス、オオメ、サクラマス、スケマスなど、この時期に海でとれる鮭鱒は
「春ます」と言われています。冬の荒波に揉まれ身が締まった身はまさに美味。
3月~4月にかけて漁の最盛期を迎える
走りの青森産「春ます」を、

料理長の出身地、北海道の伝統的な漁師料理「ちゃんちゃん焼き」風に仕上げました。
味噌は厳選の「千日味噌」を使用。
金柑や鱈子、赤蕪、里芋などの あしらいとともにお愉しみください。

「蕪ら蒸し」とはすりおろした蕪を雪にみたてた蒸し物です。
蕪にはアミラーゼ、ジアスターゼが含まれており、
たんぱく質や炭水化物の消化を助ける働きが
あると言われています。年末からお正月にかけて
疲れてしまった胃袋に優しく働くため、

まさに旬の一品です。
今月のモダン懐石では、天然物の鯛に箱根西麓で
とれた蕪の雪を降らせ、
同じく地物の牛蒡、たらの芽、木耳、柚子や、
旬のズワイガニや毛ガニを贅沢に添えて
ご用意いたしました。
山間に残る雪景色にも劣らない、椀におさめられた
美しい雪化粧をご堪能ください。

・ご夕食18:00・19:00より、料亭は21:30までご利用いただけます。
・ご朝食8:30・9:00より10:00までご利用いただけます。
※少しお早い時間のご朝食をご希望の皆様へは、8時に用意することも可能です。お申し出くださいませ。
・健康上、お召し上がりいただけない食材や、量をお控えになられている等、特別な対応が必要な場合はお気軽にお申し出ください。
 できる限りの対応をさせていただきます。(その場合、献立が変わることもございますので予めご了承ください)
・服装は、もちろん気楽な格好でどうぞ。(お部屋には2枚の浴衣を用意しておりますので、ご利用ください)
・料亭は掘りごたつ式で、足が伸ばせます。お寒い時は床暖房がございますので、ご安心ください。
  (お部屋に足袋ソックスも用意しております/宴会場のみお座敷)
・プラン・部屋タイプにより、お部屋でのお食事となる場合がございます。