宿泊日
宿泊数 泊/男性 名・

~県指定特別天然記念物「ヒメシャラの純林」を抜けて~

森の中を散策します。

■<徒歩>(3分)

【万巻上人奥津城】

箱根権現(神社)の祖「万巻上人」が眠る場所で、
まずは道中の安全を祈願・・・

【安産杉】(本殿脇)

樹齢千年を優に超す大樹は、箱根神社の皇祖三神である、
瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)と木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト/富士山の神様)の間に
無事に産まれた彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)にあやかり、
健全な母胎の象徴として古くから崇められてきました。
源頼朝の妻、北条政子が安産祈願した杉としても有名です。

■<徒歩>(5分)

【箱根神社御本殿】

箱根大神様は、鎌倉~戦国時代は勝運、江戸時代は交通安全、
以降は家内安全、心願成就、厄除祈願など多くの方の
心の祖として信仰を集めています。

■<徒歩>(0.5分)

【九頭龍神社 新宮】

縁結びの神様「九頭龍神社」の新宮(本宮は芦ノ湖の森の中)。
社前に湧き出る水は、箱根神社発祥の地「駒ケ岳(磐境)」の地下で
長い年月をかけて育まれた「龍神水」。

【曽我神社】

日本三大仇討のひとつ「曽我兄弟」を祀る神社。
弟五郎は箱根神社の稚児であり、その後仇討に向かう前に
箱根神社に心願成就を祈願し、別当(宮司)から宝刀を授けられた
と言われています。五郎が剣術に勤しんだ「兄弟杉」の根も
残されています。

■<徒歩>第五鳥居から階段を下りる(約1分)

【矢立ての杉】

初代征夷大将軍「坂上田村麻呂」が東北鎮撫に向かう際、
箱根神社(権現)に参詣し、「表矢」を献じて武運長久を
祈願したことに由来する杉。無事、所願成就したことから、
後世の武将もこの先例にならうようになったと言われています。

■<徒歩>階段を下りて第四鳥居をくぐる(約0.5分)

【宝物殿】

国宝「万巻上人坐像」や「箱根権現縁起絵巻」をはじめ、
約1250年の歴史を誇る箱根神社ならではの収蔵品を展示。
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康や北条早雲など列強の武将が
記した多くの書状など、歴史好きにはたまらない品々が揃います。

■<徒歩>駐車場を通る(約1分)

@ひと休み@

「宝物殿」向かいのお休み処では、「権現からめもち」が
TVでも多く紹介されるほど有名。権現からめ餅は午前中に
売り切れてしまうことも多いのでお早めに!
毎朝、箱根神社で御祈祷を受ける「龍神あんぱん」をおみやげにどうぞ。

【平和の鳥居】

昭和27年に建立の箱根のシンボル「平和の鳥居」。
掲げられる「平和」の書は吉田茂氏の作。
すぐ横には、箱根に立ち寄った際に詠われた
吉田松陰氏の碑も建つ。

■<徒歩>第四鳥居から湖畔へ(約3分)

【モーターボート乗り場】

■<徒歩>個畔沿いに(約5分~10分)

~モーターボートをチャーターして芦ノ湖の森深くに建つ「九頭龍神社 本宮」へ~

 約10分の道のりでは、なかなか体験できない水面近くの景色を
 愉しみながら、風を切る早さで颯爽と進んでいきます。
 (チャーターは豊月でも承っております。¥6,500/1隻)

■<モーターボート>(約10分)

宿泊日 宿泊数 ご利用人数(一部屋)
男性 名・
日帰りプラン検索宿泊プラン検索
サイトマップ